百歩の道も一歩から
今夜の夕食
ここのところ、外食が続いたり、連れ合いや裕明が調理してくれたりと、ひさびさに自分でお料理しました。
故・向田邦子さんの「ままや」のような小料理屋を開きたいと願っていた頃もあった私は、料理大好き、器も大好きで、クッキングはストレス解消になっていたのですが、夫と二人っきりになったあたりから、連れ合いと交替で料理するようになり、裕明が出戻って来たら三人で交替になって、ほとんど出番なしになりつつありました。

今日は、茄子を食べたくなり、さてどう料理するか...と、考えながらスーパーで買い物し、結局、しめじと家にあった菜の花、トマトのザク切り、にんじんと共に、白ワインで煮込んでみました。
もちろん、茄子は一番最初にサラダオイルで素揚げにして、油を切っておき、一番最後に菜の花と一緒に鍋に入れる。これ大事。
砂糖の代わりに、先日いただいた蜂蜜をほんの少し加えただけで、トマトが主張し過ぎる酸味と仲良くなって、他の素材とも上手にコミュニケーションしてくれて、なかなかの逸品に。

鰤の照焼きを添えて、もち麦を加えたご飯はお代り自由。
ハイ、できあがり。


自分で作ったお料理を「おいしいねぇ〜〜。絶品だねぇ〜〜」と言いながら食べられる私って、幸せ。というより、めでたい?

| 正木京子 | food | 22:50 | comments(3) | - |
ごちそうさまでした

今日の朝食。


ヨーロッパの民話に出て来そうなポットに入った蜂蜜と、ご主人がお庭で摘まれたブルーベリーを奥様がジャムにされた、世界に一つしかないお手製ジャム。先日、御見舞を差し上げたら、快気祝にと送ってくださいました。
特に、ジャムは1年分の貴重な食料の中から分けていただいたそうで、そんなに大切なものを頂いてしまっていいのかしらと、有難いやら畏れ多いやら。

でも、蜂蜜大好き、ジャム大好きな私は、今朝早速、コーヒーとミルクを添えて、トーストに蜂蜜をすべらせ、ヨーグルトにジャムをトッピングしていただきました。
美味しかったぁ〜〜。
私自身も健康な完全体にはまだまだ日がかかりそうですが、手書きのラベルを纏ったジャムの壜に、手間暇の分だけの愛がブルーベリーの間に詰められているようで、とても清々しく、和んだ朝になりました。

今日の、ちょっと大きな仕事がいい方向に進み始めたのも、朝いただいた元気のおかげかな?
| 正木京子 | food | 22:12 | comments(2) | - |
栗御飯
ますおさんしてくれている義弟の実家から送られてきたどっさりの栗を分けてもらったので、昨夜は、栗御飯を炊きました。
およそ50個ほどの栗をさっと熱湯にくぐらせて、せっせと剥きましたが、剥き終わる頃には包丁に添えていた右手の人さし指がビリビリに痺れてしまって、水加減をした炊飯釜をセットしようとしたら、片手で持てないほどに麻痺してました。
頑張った甲斐あって、とってもおいしい栗御飯が出来上がったので、今日のお昼用に会社にも持って行きます。

3時40分に目覚めて、メールを1通書いたんですが、まだ指は痺れてます。
てか、ちょっと指が腫れてるし...。頑張り過ぎた..。

ところで、妙な3元になってしまいますが、調理されたものにほとんどトッピングをかけないというのは、私の習性になってます。
「おいしく作ろう」と、調理人が工夫をした成果はそのままいただきたい。
調理の過程で、素材の風味や性格を引き出したり抑え込んだり、様々なバトルの後の成果ですから、まずその味を大切にいただきたい。
そんな思いで、出来上がったお料理に香辛料や調味料を加えることはまずしません。
もっとも、味に対する好みは人それぞれですから、引くことはできないけれど足すことはできるので、後から加えることをいけないとは思ってません。

でもねぇ、塩加減を考え、時には梅肉で処理し、ワインをふりかけ、それなりに工夫して「今出せる自慢の味」のつもりで作ったものに、味もみないでいきなりお醤油や塩をかけられると、がっくりします。
怒りさえ覚えます。
お料理にはかなり自信があるし、家族はそれを知っているので、子供たちは私と同じくほとんどトッピングは使用しませんが、何度言っても、連れ合いは、その「いきなり」をやらかしてくれます。
その度に「味みてからにしてね」と言うんですが、結婚して30年になろうと言うのに変わらないから、きっと一生、そのままでしょう。はぁ..。

もひとつ、調理後の調味料について、前から気になってること。
串かつ屋さんなんかに行くと「こちらは甘いたれで召し上がってください」「こちらは塩で」「こちらは辛いたれで」と、一串ごとに指示されることがあるんですが、それがその素材を最高に活かす食べ方だと調理人が思っているとしても、後から追加する調味料については、食べる人の意志を優先するべきじゃないのかなぁと、内心「勝手にさせてよ」と思っています。
どっちかと言うと、私は、あとから加える(つける)調味料は塩に限っています。岩塩ならなおよし。

「塩、抹茶塩、たれとありますが、お好みでお使いください」と言ってくれるお店の方が私は好きです。
こちらから、「これはどれをつけて食べたら一番おいしいですか?」とお聞きすることはありますが、そんな中から、お店の方とのコミュニケーションがとれるのも楽しいですし。

って、書いてまとめてみると...ただの私の我が儘なのね。
| 正木京子 | food | 04:56 | comments(2) | - |
フーズ2点

ポークのスパムは大好きだけど、メールのスパムはマズ過ぎ!

なんでも言ってみるもので(ねぇ! 某パパ)、そんなことを先日言ってたせいか、今朝、台所にスパムが置いてありました。
石川家からのおみやのようです。
このまま切ってパンに乗っけても美味しいし、軽くソテーしても。
「そーめんチャンプルーに使う」と言ったら、かのhikoぶは「贅沢過ぎ!」と言ってましたっけ。
そいえば、hikoぶはどうしてるでしょう。たぶん、今年も十団体くらい抱えて今頃ひぃひぃ言ってるんでしょうね。
彼のアレンジは、すぐ判ってしまいます。
それを見つけるのも全国での楽しみの一つだったりします。


ものすごい勘違いをして買ってしまったウォーター

オーストリアン・マウンテン・カフェイン・ウォーター
最初にボトルの美しさに目が止まり、何を勘違いしたのか、「カフェイン抜き」と思い込んで買いました。
Austrian Mountain Caffeinated Water でございます。
サブタイトル「眠気しゃっきり・すっきり飲料」
だからぁ〜〜。眠気が欲しいんだってば! 笑うしかない。

飲んでみた感想:格別美味しいというわけではないです。でも妙に後引きする味です。
カナダドライの製品好きな人ならイケると思います。
| 正木京子 | food | 17:52 | comments(2) | - |
ハモの葛たたき

花ゆうのご亭主、修業30年目にして、ようやく完成の逸品

撃沈されました。
おかげで呑み過ぎました。
| 正木京子 | food | 22:57 | comments(2) | - |
極上のひとくち
セブンオリジナルの「極上のひとくち」ビターチョコ カカオ87%。
「極上〜」シリーズは、お味もなかなか、お値段とってもリーズナブルで、つい買ってしまうんですが、なかでもこのカカオ87は、イイです。

こんなビターなチョコは初めて。
とにかく苦い。それも不快なく苦い。
甘さが全くない。
ふつ〜、ビターチョコって、どっかこか、ほの甘いものですが、コイツにはその甘さがない。
甘味がやって来そうな予想を立てて待ってても、一分のスキもなく「来ません」。
「甘くなんかしてやらないよ」という主張が、作り手というより、このチョコ個体から感じられて、逆に愛おしくなります。
おもねったところが全くなくて、潔い、妥協なしの苦味。
後引く余韻さえなし。痛快です。
| 正木京子 | food | 01:03 | comments(0) | - |
気を取り直して
何かとお見苦しいとこばっかですみません。
なんせ、寂しがりなくせに人間嫌いなんもんで..。
自分の好きな人としか接しないという悪癖があります。
嫌いな人はそばにいても目も合わさないので、ここに迷い込んで来られた方で、私を知ってるけど目が合ったことないとおっしゃる方があったら..。
私は、多分あなたのこと嫌いです。ごめんなさい。

ようこれで営業やってるなぁと思います。仕事モードにスイッチが入ったら、誰でも大丈夫なようには訓練してきました。
で、私が営業に行くと、急にお客様が見えたり、予約の電話がどっと来たりするんですね。
今から行く料亭は、私がいる間に必ずと言っていいほど予約電話がかかってくるので、女将が不思議がってます。
こんなことしょっちゅうなので、本人は不思議とは思ってないんだけど、偶然と言うにはデキ過ぎてます。
たぶん、私には人寄せフェロモンでも出てるんでしょう。
んで、隆司が「お母さん、食べ物屋やったほうが絶対に儲かる」と言うくらい料理が好きだし、いい味覚してる(と自画自賛)ので、確かに飲食店向きかもしれません。いつか小料理屋やりたいとも思ってるし。

そんなに贅沢な暮らしをしてるわけじゃなく、むしろ質素に暮らしてる方だと思ってますが、「食」に関しては、かなり贅沢に過ごして来たかもしれません。
高級レストランに行く贅沢ではなく、「少しでも美味しい素材」を手に入れることについては、手間暇惜しまないという贅沢。

でもって、市内に3つある「いかりスーパー」の前を通りかかると、つい「なんかないかなあ?」と寄ってしまいます。
今日も、昼食用に笹抱き豆腐と減塩ねり梅を買ってしまいました。んまかったです。
ついでに、ちりめん山椒とオリーブオイルベースのマヨネーズも。
提げて事務所に帰ったら、最近月イチのペースで取り寄せてる「はかた屋」さんから、クェーカーのグラノーラとマコーミックの業務用シーザーサラダドレッシング、クレージーソルトが届いてました。

家の冷蔵庫では、シャキシャキのレタスとアボカド、熟れたトマトが待ってます。
今日は、はよ帰って、お料理したいぃ〜〜。
| 正木京子 | food | 14:35 | comments(0) | - |
クーリッシュ
週に2〜3回、半身浴やりますが、本だメモだって持ちこんで、風呂蓋の上に広げて遊びます。
半身浴は3ヵ月で10キロ落とした実績を持つ隆司から伝授されたんですが、けっこう根気強く続いてるのは、「無駄なく時間が使える」ってことが大きい。

先日、隆司はクーリッシュを持ち込んだようで、「それじゃ意味ないやろ〜」とも思うけど、200g多過ぎて失格になるような世界にいるわけではないので、私らのダイエットは「楽しく長続き」がモットー。
隆司は1年以上、私ももうすぐ1年になりますねぇ、ダイエット生活始めてから。
美味しいモノはしっかり食べて、その後、3日くらいはガツンと減らすようにしてるので、おかげさまでリバウンドもなく過ごせてます。


ところで、このクーリッシュ。しげしげ眺めて、とあることに気付きました。


何やら、注意書きが..。


※長時間持つと手が冷たくなります。


って、当たり前やん..。

アメリカあたりだと、こうやって書いておかないと「しもやけになった」つうユーザーが訴訟でも起こしかねないんでしょうか..。

| 正木京子 | food | 16:10 | comments(0) | - |
あおむし姫に献上
レタスやキャベツの美味しい季節ですが、レタス一玉100円とかで安売りしている時に、どかっと買って来て、海苔の代わりにレタスで巻いた「菜摘おむすび」や、御飯よりレタスの方が多い「レタス炒飯」作りますが、なんと言ってもお薦めは、「レタスしゃぶしゃぶ」。

【レシピ】4人分
材料:鶏ガラ(これも安いっしょ!) 2羽分
   土生姜 1コ
   レタス 大2玉

1)鶏ガラを生姜のザク切りと一緒に大きめの寸胴に入れて、たっぷりの水で丸一日コトコト煮込みま〜す。最初のうちはこまめにアクをすくってあげてください。
煮詰まって水が減って来たら、足してOK。
2)鶏がバラバラになって形がなくなってしまったら、キッチンペーパーをザルに敷いて大きなボウルで受けて漉します。漉した後のガラは、骨だけ捨てた後、炒飯の具にしちゃう!
3)このスープに塩と薄口醤油を足して味付けます。少し薄めのお味に仕立てるのがコツ。ちなみに私は醤油は香り付け程度で、ほとんど塩味が好き。
4)スープを土鍋に満たして、テーブルで暖めながら、レタスを鶏スープにさっと入浴させてあげると出来上がり。お好みで、柚子胡椒や山椒を付けて食べても美味しい。

レタスしゃぶしゃぶの時には、うちは他には何も入れません。
ただひたすら「レタスのみ」食す。
スープに十分栄養が溶け出してるし、いくつもの味が喧嘩するのを避けたいからです。

で、残ったスープには、レタスのエキスが溶け出てるので、翌日また別のお料理に使います。
先日は、オリーブオイルとトマトソースを加えて、さくっとゆがいたオレキエッテを煮込んでみました。仕上げに刻みパセリを散らしてモグモグ食べた。美味しかったですぅ。

お子様向けには、ハーブやオイルの量を調整してあげるときっと喜んでいただける...ハズ。
お気に召すといいなぁ〜〜。
| 正木京子 | food | 10:46 | comments(2) | - |
フード系2種
先日発売されたポーション。「不味い」の「美味しい」のと、意見が分れますが、ポーションってアンデッド系にはダメージ与えるんだよね。だから、不味いって言う人は「アンデッド」? 
なんて言ってたら、含有成分の「青色1号」は発ガン性があるって..。アンデッドじゃなくてもダメージあるってことですかぁ?
先日の北陸ツアーにバス組に差し入れしたものの、現地で下ろし忘れてそのまんま戻って来たので、うちにはまだ飲みきれないポーションがどっさりあるんですが..。どうしてくれよう。
誰かいらない?


も一つ。
昨夜、我が家の人気を独り占めしたのはこのお方。
キレてらっしゃいます。
「切れてるタイプ」まで言いきってしまうとこが、何の躊躇もなくてイイです。
ベークド・カマンベールなんてメニューがあるけど、焦げるほどの怒りなんでしょか。

でも、カマンベールって、ホントはカマンベール地方で出来たものしか言えないんだよね。
けど、美味しかったし、co-opさんで半額だったから許す。
| 正木京子 | food | 10:43 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ