百歩の道も一歩から
友遠方より来る
と言っても、私の友人ではなく、次男・裕明の友人。
2004年のMadison Scoutsをルーキー&アウトで一緒に過ごした、熊本県人のトシカズ君が、先週金曜から我が家に泊まってくれています。
土曜から月曜までの3連休は雪深くなってしまった亀岡での合宿に出かけていましたが、火曜日は、みんなが仕事に出かけてしまった後の留守番をしてくれたり、パッチの相手をしてくれたり。
今日は、裕明も仕事を休んで、ららぽーとに行ってから、また練習に出かけたようです。

練習は、この17日に京都で行われるeMotion Brassのコンサートで踊るガードショウに二人揃って出演するためですが、たった1シーズンでも一緒にコーバスに乗ってアメリカを巡り、各地のハイスクールの体育館で寝泊まりした仲は、4年経った今も絆が深い様子で、「いい友人に恵まれているなぁ」と羨ましく見ています。

客人があるからと言って、あまり気を遣うこともしない私なので、今日の夕食は、昨日の帰りが遅くなるからと作り置きしていたキノコのシチューの残りをアレンジ。
ひよこ豆や自家栽培中の椎茸を加え、バターを多めに入れて、コックリとした味にして、まず1品。
六本木の「naru」で味わって以来、我が家の定番メニューになってしまっているリンゴのピザで、さらに1品。
いちろ〜さんちにお邪魔した時に、さちこさんが教えてくれた「風に吹かれてジョニー」に岩塩と胡麻油だけを落とした「冷奴」で、もう1品。
あとは、雑穀入りの残りご飯をバターライスにして炭水化物摂取。
まぁ、こんな「ありあわせメニュー」でしたが、「いつもこんな御馳走なんですか?」と、トシカズ君はシチューを3皿もお代りしてくれて、作り甲斐を持たせてくれました。

「リンゴのピザは手作りですか?」と聞かれて
「とんでもない! 市販のピザシートにリンゴをスライスして並べてチーズぶっかけて焼いただけよ」

そう言えば、昔は月に一度はピザを打ってたもんですが、ここ数年はせいぜい年に1度か2度になってしまいました。

「地震の前の晩もピザ焼いたよねぇ」
震災後、暫くは「ピザ焼いたらまた地震が来る」と怖がっていた裕明の記憶に残っているのは、地震で倒れたオーブンレンジのこと。
「あの時、このオーブンが俯せになって、床に倒れてたんや。それ見たお母さんの一言は一生忘れんわ」
「え? 私、何言うた?」
「『いやぁ〜、これ夏のボーナス払いやのに』って」
トシカズ君、横で大爆笑。

「うっそ〜、そんなこと言うたぁ?」
「言うた、言うた。あの時、初めて社会の仕組みを知った」

幸い、オーブンレンジは壊れてはおらず、今も元気に動いているわけですが、私、そんなこと言ったのかなぁ?
どうも、私は咄嗟の時に妙な発言をするらしいんです。

裕明がクラブの男子のほとんどで揃えて丸刈りにして来た時には、「丸刈りは自衛隊に任せといたらええねん! お母さんは丸刈り大嫌いなの!」と泣きながら餃子を焼いていたそうで(本人、記憶なし)、う〜〜〜ん、問題発言多すぎですねぇ。

「だいたい、お母さんは着眼点が変なんや」

そうでしょうかねぇ?
まぁ、人と同じところを同じように見ていたら、アイデアは湧きませんもんね。
これも特技の一つと喜んでおきましょう。

こんな「おかん」のいる家、トシカズ君、疲れなければいいんですが...。


| 正木京子 | family | 00:49 | comments(4) | - |
シーズン真っ盛り
いちおう、今年の春から私の仕事を手伝ってくれている裕明ですが、8月の出勤日は6日、9月に入ってからは、まだ2日しか出て来てません。
今期は2足の草鞋となることを承知して会社に入れたので、私も周囲のスタッフも理解はしていますが、さすがに繁忙期に入ると手が足りないのは痛いです。

彼の頭の中を開けて見ることが出来たら、おそらく会社の仕事のことは全体の3%くらいで、後は全てマーチングのことしかないでしょう。
せめて、30%くらい会社のことを考えて欲しいもんですが、5団体も抱えている今期はそれも仕方ないと諦めてます。
来期からは1校に絞って、会社の仕事をメインにすると宣言してはいますけれど、ホントに出来るのかなぁ。周りがさせてくれない気がするなぁ。
まぁ、どう転がるにせよ、彼が一番納得出来る生き方、在り方をしてほしいと思ってますが。

全く納得出来ない状況で今期をスタートした裕明の心の痛みは、親としては解っているつもりです。
だから、「公」の部分にあえて「私」を前面に押し出して後援会を降りたのは、裕明へのチアのつもりです。

昨日、午前だけ出勤して午後からS校の指導に出かけた裕明のPCが付けっぱなしになってたので、帰り際にシャットダウンしようと開いてみて、「あ....」。
iTunesに昨年の金光大阪のショウが入ってました。
思わず観てしまいましたが、返す返すも、裕明が5年かけて育てたガードが顧問の私利私欲のために泡沫になってしまったことが悔やまれます。
顧問が約束通りにさえしてくれていたら、今年はさらにパワーアップして、全国への切符も圏内に入れていたに違いないと、空想の世界に浸っていました。

裕明の金光大阪での最後の仕事。
45MBあります。かなりの重さですが、「観てやってもいいぞ」と思われる方はどうぞ。

裕明は、悔しさはもう外には出さず、目の前に置かれた現実と闘っており、先日もS連大阪大会にオープン参加したS校の音源を聞かせてくれたりしています。
Nクンが渾身の力で指導しているだけあって、太鼓はさすがです。
ブラスの厚みも金光なんか足許にも及ばない。
これでアンサンブルがしっかりまとまれば、いい音楽になるでしょう。
音からは見えませんが、ドリルもなかなか面白いらしく、クローザーの直前の観客の喝采は、身内だけでなく場内全体から沸き起こっていたのがはっきり判りました。
如何せん、歴史の浅いガードが「へちょい」そうで、これがネックになるでしょうが、裕明は「ダークホースとか言われてるけど、ボクは今年は抜けん方がいいと思ってるんよ。2〜3年かけて全国に行った方が、生徒のためにもなるし、長続きすると思う」と。
勝てない悔しさを数限り無く味わい、一方で全国で最優秀になった学校も指導してきた裕明らしい考えだと思いました。

あ〜それにしても、手が足りん。
せっかく指導してるんだから、どこも全国まで行って欲しいけれど、上に行く団体が多くなればなるほど、裕明の出勤率は下がります。

痛し痒しってのが本音の今日このごろ。
| 正木京子 | family | 10:21 | comments(0) | - |
仮3兄弟

ひさびさ揃いました。仮3兄弟。

2001年、隆司が渡米した時から「仮長男、仮次男、仮三男」を名乗って、我が家を賑わしてくれている3人。
98年秋からのおつきあいだから、そろそろ10年になろうとしてますが、顔を見た頻度で言えば、30年分くらいは付き合ってるよね。

左から、秋にはお父さんになる仮三男、入籍ホヤホヤの仮次男、花嫁募集中の仮長男。仮次男の横浜移住もあって、それぞれ暮らしも変わり、こうして揃うことも少なくなりました。
私は、いくらかの大波小波はあっても、相変わらずのまんまです。
今度揃うのは、年末かな?
その頃には、仮長男のお嫁さんも決まってるといいねぇ。
| 正木京子 | family | 23:27 | comments(0) | - |
くみちゃんが昨日交通事故に遭って、手足に怪我。
幸い、骨には異常なく、入院もしないで帰って来れたので、ホッとしましたが、あと1秒違っていたら、大惨事になるところだったようです。

「新婚さん・・・」の出演が決まってから、ダイエットのためにとかで、尼崎の西端から大阪北区の朝日放送まで、毎日ロードレーサーで自転車通勤してたのはいいけど、事故ってしまったら、もう「チャリ通禁止」になるでしょうね。
会社から禁止されなくても、身内としては、「もう勘弁」という想いですが。

くみちゃんの実家のお父様からは、「嫁が粗相をしまして」と謝罪があって、今までの長いおつきあいの中で、こんな改まったご挨拶をいただいたのは、初めて。(笑)

でも、サイコーだったのは、お母様の方。
繃帯だらけになってるのに、「怪我がなくてよかったじゃないの」と仰ったそうで...。
大阪府の体育主事をされたこともある、スポーツウーマンのお母様からすれば、骨の1本も折らないと怪我のうちには入らないんじゃろかと、大笑い。

幸い、救急車で搬送された病院が自宅近くだったこともあって、通院治療できるとは言え、さすがに今日は動きにくいだろうと、御見舞にケーキと夕食のおかずを持って訪ねました。
着いてみたら、洗濯物は取り込んであるものの山積みにしたままでリビングは散らかり放題。
話しながら洗濯物をたたんで、そこいらちょこちょこっと片付けて帰って来ました。

なんだか、初めて姑らしいことをしたような。

今日も激しく蕁麻疹が出ていたので、「顔にも出てますねぇ」とくみちゃんに言われ、「あんたが心配かけるからよ」と、軽く言えるほどの、ほんとの娘と変わらない仲なんですけどね。


| 正木京子 | family | 23:57 | comments(0) | - |
家族増員

長年の夢だった「わんこ」のオーナーになりました。
我が家の三男。


シーズーの雄。
血統書には「ISAOK OF LOVERLY FARM JP」と立派なお名前が記されていますが、彼がやって来ると決まった日から、家族でさんざん考えたあげく、愛称は「パッチ」に決まっていました。
「笑いが心身を癒す」ことを教えてくれた「パッチ・アダムス」から頂きました。

パッチの生まれた場所は、那須にある某製粉会社のペットフード研究所。
フードのテスト犬としてお役目を果たした後、登録順が回ってきた我が家にやって来ました。
なんでも、全社からすごい数の希望登録数があって、なかなか順番が回って来ないんだとか。実際、うちもお願いしてから半年以上かかりました。

パッチがやって来て、まだ3日目ですが、不思議なことが一つ。
先週金曜から、通夜→告別式→結婚式二次会→一日おいてまた通夜→告別式と続いてしまったため、18日の朝は起き上がることも出来なくなり、途中呼吸も出来なくなって、全身に地図のような蕁麻疹を広げていた私が、パッチの姿を見た瞬間から、気分が軽くなって、翌朝には嘘のように蕁麻疹が消えてしまったこと。
今日も蕁麻疹はほとんど出ていません。

動物セラピーってかなりの効果があるのかも。まさに心にパッチを当ててもらった気分。
研究所から譲っていただける犬種は限られていて、今期はシーズー、ミニチュアダックス、トイプードルの3種だったので、シーズーに決めたものの「ホントは柴が欲しいんだけどなぁ」と不服を言っていたのが申し訳ないような思いです。

ちょうどパッチのやって来た日は、裕明が1週間の九州出張から帰って来た日だったんですが、犬好きの彼は瞬時に手なずけてしまって、膝の上で眠らせてました。

パッチとは長くいい暮らしをしたいと思ってます。
なわけで、パッチ専用のブログを開設しました。パッチブログは、完全公開。
パッチの成長記録にします。
| 正木京子 | family | 13:30 | comments(2) | - |
新生活
と言っても、子供たちじゃなく、私と連れ合いの新生活。

昨年暮れに裕明が出て、昨日、隆司とくみちゃんが出て、ついに完全に「初めの二人」に戻ったわけですが、その割に、この30年の間に増えたモノ、モノ、モノ...
これ、思い切って捨てられるものは捨ててしまいます。
食器類も震災であれだけ割れて無くなっちゃったはずなのに、もう食器棚いっぱいになってるし。
二人で暮らすに十分なモノだけ残して整理しとかないと、来るべき私の独り暮らしの時には、家ごと捨てた方がいいみたいになってしまいそうです。

会社の帰り道にスーパーに寄ったけど、二人だけの食事だと買うものもガッサリ減るし。
サラダオイルとかお醤油とか、もう大きいボトルはいらないよねぇ。
そいや、カレールーやマヨネーズ、ケチャップの買い置きがけっこうあったけど、きっと使い切りそうにないから、子供たちに分けてしまいますか。

なんか、一気にライフサイズが縮小しちゃった感じです。
寂しさってのはないけど、ちょっと気抜けしたって感じかな?

で、夕食後、信じられな〜〜〜い光景が。
流しに下げた食器、連れ合いがさっさと洗ってました。
びっくりしたぁ〜。今まで自分からやったことなんてまずないのにね。
連れ合いも連れ合いなりに、「二人の暮らし」を快適にする模索を始めたようです。
2度目の新婚生活かな? あは。

あ! 互いに趣味が違うので、テレビはそれぞれ別の部屋で観てます。
独りで観るドラム・コー、ちょっと盛り上がりに欠けるねぇ。
| 正木京子 | family | 00:20 | comments(0) | - |
引っ越し完了
隆司とくみちゃんの引っ越しが片付きました。
夕方、訪ねて行って初めて新居見学させてもらったけど、かなり広めの1LDKで、バルコニーも大きいし、なかなか住み心地良さそうです。
マンションの入り口じゃなく、敷地全体の門にオートロックがあるセキュリティぶりもいいし、なんたって住民専用プール、ジャグジー、ジムがフリーで使えるわ、駅までシャトルバスあるわ、エアコン、ケーブルTV完備、シンクの蓋になる可動式カウンター、間取りを変更できる可動式クローゼットもあって、オフィスでは、宅配荷物の預りはもちろん、市役所業務の代行までしてくれるサービスぶり。これで家賃6万5千円、共益費9千円は激安。
私も住みたいぃ〜〜。って思うくらいの好条件。
1年半後には、連れ合いと別居(決して仲が悪いわけじゃないですが、親の介護の都合で)が決まってるので、一人暮らしになったら、マジ、考えるかなぁ。

新居探しから、ベッド、電化製品、ラグに至るまでの買い物も、全てネットで買って宅配してもらっちゃったあたりも、隆司とくみちゃんらしい仕方で、ツマガリのクッキーをご近所さんとオフィスの管理人さんに届けて挨拶するという、押さえるべきところはちゃんと押さえてたし、まぁ、二人で頑張っていい家庭を築いていけるでしょう。

あ! 隆司に頼まれて買いに行ったツマガリのクッキー代、私が立て替えたままやわ。
うわ。なんかなし崩しにされそうな気が.....。


| 正木京子 | family | 04:58 | comments(2) | - |
いってらっしゃい

一応、「ハネムーン」に出発。


もともと、高校野球時期に休日出勤したくみちゃんの代休消化の予定だったのが、急きょ「新婚旅行」扱いになり、会社からお祝い金もいただいての旅行となりました。

直前にお祝に駆け付けてくださったかたもあり、祝福されての出発。よかったね。

で、ひさびさ、夫婦二人の食事となりましたが、なんつうかまぁ、若い人たちがいないと、食べる量もいきなり少なくなりますし、話すことってそれほどないし、共通項が極めて少ない夫婦のこれからは、かなりの努力が必要になりそうです。

山歩きしようと言い出している連れ合いに時々付き合って、「俳句やろうよ」と誘い続けてる私にぽつぽつ付き合ってもらおうかな、なんて考えてます。
連れ合いは、まだまだ当分の間はバイクツーリングからは離れたくないようなので、その時は、別行動ってことで..。

裕明たちも喧嘩しながら、だんだん互いの信頼を深めているようですし、子供たちに負けないように、私たちもレベルの高い夫婦を目指さねばね。
| 正木京子 | family | 21:55 | comments(0) | - |
独立宣言
隆司がようやく「10月に三田に移る」と宣言しました。
内心ホッとしたものの、心配も膨らみます。
ちょうど、なでしこ句会の日でもあって、終了後、次号の校正の傍ら「今の時期に環境を変えること」についてO先生に相談してみましたが、先生も「最初は週末だけ三田で過ごすとか、ちょっとずつ慣らした方がいいよ。相当不安定な時期やからね」と仰います。

夕食後、「食事の仕度とかどうするの?」と聞いてみると「オレがちゃんとやるよ。裕明でも出来てるんやから」
ん〜〜。妙なところで弟に対抗意識持ってますねぇ。
「もうちょっと身体が落ち着いてからでもいいんちゃう?」
「親父は反対してるけど..。10月に出ると決めたら出る!」

折しもてらさんが来てくれていて、ポンと一言投げてくれました。
「無理するなよ。隆司は、コレと決めたら何が何でもそうせなあかんと、屋根の上に上がって自分で梯子はずして逃げ場をなくしてしまうところがある。『まあええか』と思うこともあってもええんちゃうか?」

親の言うことはムキになって反論しても、人様に言われると素直に耳に入るもんなんでしょうね。黙って聞いてましたが、さてさて、どうするんでしょうね。
すっかりいい年になってしまった息子の独立。時が時だけに、手放しで喜べないところがまた辛いところではありまする。
| 正木京子 | family | 04:09 | comments(0) | - |
うちら陽気なうつファミリー
昨日、プレミアム10を見るために、すっ飛んで帰り、家族で食事しながら見ました。
感想。
うつの実態を芸能人を含めいくつもの経験談や、現在闘っておられるご夫婦の登場などで伝えて下さり、また働く女性のうつについて「男性社会の中で男性以上に頑張り、出来て当たり前、評価がされにくい一方で、女性には優しさを求められる」という高木美保さんの言葉に象徴されるように、抱える負荷の大きいことも上げられ、実際にうつに悩む人には、少し肩の荷を一緒に持ってもらえたような気分にもなれたかと思います。

一方、「どうしてうつが起きるのか」ということについて、さらに、「うつは誰にでも起きる可能性がある」ということについて、もう少し迫っていただきたかったなと思います。
だってね。ず〜っと一緒に見てた連れ合いの、感想的一言。
「気の持ちようよ」
ガ〜〜ン! これまでもさんざん話してきたのに、なんもわかってへんのかな? この人。まだまだ教育せなあきまへんわ。

極めてポジティブシンキング、主治医さえ、隆司のことをテストの結果が出るまで「あんたがうつには見えないのにねぇ..」と仰るほど、「見かけ元気で陽気な」私たちが「うつ」になれるんですから。
そこのメカニズムを解き明かしてほしいわけですよ。
女性のうつが、隠れて見えにくいことも問題になってるんですから、番組中で自己チェックできるくらいのコーナーも作っていただきたかったなぁと思います。

心療内科や神経科に通うのに、「保険証を使うと会社に知れるから」と保険使わないで治療受ける人もいるそうですが、社会的に認知度を上げるためにも、「もっと正確で客観的情報を!」欲しいです。

女医である主治医が薦めてくださった本が、昨日アマゾンから届きました。
武蔵野市で「野の花メンタルクリニック」を開業しておられる野田順子さんの著書です。
先日の、平井孝男さんの「うつ病の治療ポイント」と併せて、と〜ちゃんにもしっかり読んでもらわねば。

いつも通りの家族団欒を過ごし、いつも通りに隆司も私も笑い、いつもと違うのは、寝る前に並んで薬飲んでるところくらいで、今のところ「陽気なうつ親子」でおります。
早速に現れた副作用がつらそうですが、「オレ、絶対にこれっきりで治すから」と、取り組み始めました。

にしても、引き金の一つが、隆司も私もアプローチは違うけど「ドラム・コー」ってのが、なんとも。
このお話は、またいずれ。

そういえば、今日から、あますずまつりですね。
FFXIは、「治るまでするな」と言われて、泣く泣くログインできないままの私は、隆司の横で見せてもらおうと思ってたんですが、肝心の隆司もあっさり休眠宣言してしまうし。
「休むのはあますず見てからでええやん」
「やらんって決めたら、すぐに実行!」
ここらの生真面目さが、私より重症に至ることにもなってるんではないかと..。
まぁ、単純に「あますず」見られなくなったことへの落胆だけなんですけどね。
どっちが大人なんだか..。
| 正木京子 | family | 06:11 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ