百歩の道も一歩から
な〜る#98(2003.10.27)掲載 音響模型実験スタート
芸文センターの大ホールは2000席という巨大な空間。
コンピューター・シュミレーションだけでは、建築上の微妙な構成から生まれる複雑な反射音を計測することは難しいため、10分の1縮尺の模型を作って、その中で音響実験を行います。
国内外の数々のホールで音響設計の実績を持つ『(株)永田音響設計』が実験担当。
 


特製の椅子と人間に見立てた人形で客席を埋めて、限りなく現実のホールに近い状況を作り出し、10分の1の波長音(つまり周波数は10倍)を発して、音の反射音を確認し続けます。
このデータが、壁や天井の形状や角度の調整など、ホール内部の設計に反映されるのです。音響実験は、申し込めば一般も見学可。



模型の中で作業中の小野さん(永田音響設計)

 
「こんな不景気にこんなハコ作って、どうするんやろ」。
街のあちこちで聞かれる正直な声。
よほど覚悟してかからないと、2年後完成しても宝の持ち腐れになりそう。と、私も思っていた。
現場に通う回数が重なって感じたことは、ハードの完成に先行して人を巻き込み、「人づくり」をしているってこと。各地で建設されたホールの成功・失敗例を学習データに、着々とソフトを積み上げていることを、出会う人ごとに感じさせられる。
え? もしかして、私も巻き込まれている?
| 正木京子 | 芸術文化センター10周年 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/916
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ