百歩の道も一歩から
Stajimo Nishinomiya

本日から沿線コミュニティベース Stajimo Nishinomiyaのオープニングイベントが始まりました。

初日は、「西宮流がつなぐヒト・モノ・コト」。
クリエーターズさんたちの作品を見たりして過ごすうちに、賑やかにやってきたのは、えびす座ご一行さま(って、二人だけやけど)。

最近、たけちの演技を見るとウルってしまいます。
今日も、こみあげてきて、困ったわ^^;
なんやろね、この感動は。
西宮で生まれたわけでも、西宮に住んでいるわけでもないたけちが、こうして西宮の文化を掘り起こして継承しようとしてくれている姿が美しい。
これが最大の理由かな。
西宮で3代続いたら本物の「宮っ子」と言われるけれど、私は、たけちは立派な宮っ子やと思ってます。

今日もお福いただきました。ありがとう!

14時からは「勇者たちへの伝言」の著者・増山実さんのトークライブ。
実は、私にとっても阪急西宮スタジアムはふるさとなのです。
増山さんのいきな計らいで、阪急ブレーブス応援団長の今坂さんとの対談を聞かせていただけました。


今坂さんは、阪急電鉄車両部に勤めていた伯父の後輩。
そして、父の逝去後、阪急電鉄のご厚意で購買部に勤めさせていただいた実家の母のことをよく覚えてくださっていました。

スタジモに展示されている阪急西宮スタジアムの満席の観客席を「これだけいつも入ってたら阪急も身売りせんでよかった」と今坂さんも笑っておられましたが、母も動員かかっておつきあいで応援に行ったもんです。

「阪急ブレーブスのファンが集える場が欲しい」という声が上がり、増山さんも今坂さんも「作りましょう」と言ってくださったので、きっと実現することと思います。
その時は、母を連れていかねば。

| 正木京子 | feel | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/931
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ