百歩の道も一歩から
選挙戦は何カ月も前からスタートしていました

昨日のポスター班の連絡スレッドに上がった書き込みを読んでいると、あらためて支持者のみなさんの熱意が伝わってまいります。

私たちにとって、選挙戦は何カ月も前からスタートしていました。

資料を配布するためのチラシづくり。

少しでもコストを下げたいために、手作業でできるところは全て手作業で行いました。


10万枚のチラシを手分けして2ツ折にしたり、1軒1軒足で歩いてポスティングしたり。


寒い駅前で一緒に立って、チラシ配りをしてくださった方もたくさんありました。

こうして迎えた選挙戦初日でした。

ポスター班は、貼付位置の番号が決定するのを掲示板の前で待機し、次々に「待機中」の投稿。

私は、蒼士会会派のみなさんと、濱口仁士さんと協力してポスター貼りを行いましたので、全員の番号が決定するのを待ちました。
決定後、直ちに行動開始し、「いまココ」報告も。

約2時間後、「終了しました」の報告が上がりだし、完了後の画像も上がりました。
1組、午後から動いてくれた組も、「完了しました!」と元気に報告が上がり、みなさんの機転のきいた迅速な行動で、1日目のミッションすべて完了。

みなさんの支えに感謝し、背中に背負って、今日も前進あるのみです。

| 正木京子 | 選挙 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/936
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ