百歩の道も一歩から
な〜る#116(2004.8.30)掲載 暑さが大切な仕事
工事も着々と進んで、8月からは、現場事務所が大ホールの地下部分に移転。「バリバリ」と工具の音が響く中で、型枠工事を担当する井上英範さんのお話を聞きました。
長崎県島原の農家の長男として育った井上さんですが、農業高校を中退し、木造大工の仕事に就いたのは、16歳の時。2年半の丁稚奉公の後、RC(鉄筋コンクリート)の造作を覚え、以来、型枠工として中高層建築の現場で働き続けています。
型枠工の仕事は、鉄筋が組まれた後、コンクリートを流し込む前の「型」を作り、流し込まれたコンクリートが固まって、型を支える「志保工」をはずすまでが一連の業務。コンクリートは、外気温が高く固まる速度が遅いほど圧縮強度が高まります。規定の圧縮強度を出るまでは志保工をはずせないので、冬季の現場ではヒーターを回して温度調節することもあるとか。 芸術文化センターの現場には、昨年5月から入り本年10月までの予定で、完成までいることはありませんが、やはり、仕事の喜びは「手掛けた建物が出来上がった時」。
「しんどいけれど、施主さんの喜ぶ顔が見られる時が嬉しい」と語り、「出来上がったら、ここで行われるコンサートに来てみたいね」と微笑んでくれました。

開館に向けてのソフト先行事業
アジア太平洋芸術公演 チェン・ミン 二胡 LIVE 2004 月亮心
中国・上海出身の人気二胡奏者、チェン・ミン。CMなどでもおなじみの彼女の演奏は、都会の喧騒を離れ、心を癒し、オリエンタルな非日常の世界へと誘ってくれることでしょう。
2004年9月25日 17:30 9月26日 14:00 新神戸オリエンタル劇場 S席 6,500円 A席)5,000円
| 正木京子 | 芸術文化センター10周年 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/948
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ