百歩の道も一歩から
な〜る#122(2004.11.22)掲載 内装仕上げ開始
完成像が外観からもはっきりわかるようになってきた芸文センター。11月末からは、大ホールの内装の仕上げが始まります。

内装工事の職長・水島宏和さん(高島屋スペースクリエイツ(株)所属)は、大阪国際空港やUSJも手掛けて来ました。
現場には5月に着任し、大ホールの壁・天井・床部の内装を担当しています。
コンクリートの駆体に内装を施すためには、仕上げ材を取り付ける基礎を作ることから。
壁面積だけでも1,000m2ある下ごしらえに数カ月を費やしました。仕上がり予定は来年2月末から3月。延べ人数3,000人が従事する大掛かりな内装工事です。
水島さんが現場で特に気を配るのは、「横着をさせない」こと。
「横着は事故やケガにつながります。東洋一の大工と呼ばれる人もある優秀な集団ですが、慣れが災いして電動工具の面倒な使用手順を省略する人があったりするので」。
ヘルメットや名札の名前は、手書きでなく必ず活字で書いた物を作って手渡し、どこから見ても名前がわかるようにヘルメットの前後に名前をつけさせるという「きっちり」とした性格の水島さんですが、家で待つ小学生の子供の話になると、目尻が下がってしまう優しいお父さんです。


東隣のプレラ西宮と芸文センターを結ぶ連絡橋工事もスタートしました。


芸術文化センター事業
阪神・淡路大震災10周年記念「1・17は忘れない」 星夜のジルヴェスター・ガラ・コンサート
12月31日(金)22:00(1月1日午前0:30終演予定)
神戸国際会館こくさいホール
◆午前0時に向けてカウントダウン
演目:ラプソディ・イン・ブルー、ローマの松他
指揮:佐渡裕
特別ゲスト:ウィーン少年合唱団 
ゲスト:D・D・ジャクソン、原朋直他
A席¥6,500 B席¥5,000 C席¥4,000 D席¥2,000
| 正木京子 | 芸術文化センター10周年 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/952
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ