百歩の道も一歩から
な〜る#127(2005.2.28)掲載 レンガの壁の頂上を極める
芸文センターの外壁は、美しいレンガがびっしりと積まれていますが、その総数は50万本。
1本1本は、全て手作業で積み上げられました。
機械化が進む建設現場でも、レンガ積みだけは手作業しかなく、工事期間中、来る日も来る日も地上最高36mのこの建物の壁に張り付いて積む日々。
高さ7.5cmのレンガを積み上げること実に480段。




「山登りと同じです。積み始めは気が遠くなるほど高い壁も積み続ければ、必ず頂上に到達します。全て積み終えた時の達成感は、手作業してるからこそ味わえるんでしょうね」と語る高山登志彦さんは、父親の仕事場で小学校5年からレンガを手にしていた根っからのレンガ職人。
「生きた化石」とまで呼ばれるレンガ職人は、日本には120〜130人ほどしかいません。
年の9割は各地の現場に出張。山口県出身の高山さんも沖縄以外の都道府県を制覇したとか。
積まれたレンガを見れば、どこの誰が積んだ壁か、すぐにわかってしまうくらい、レンガ積みには個性と技術の差が出るので、「見られるのが怖いですよ」という言葉には、高い誇りを感じます。
しかも、基礎と補強さえ完全に出来ていれば、極めて耐震性の高い素材なので、長く生き残れる建造物になります。
そんな誇りの持てる仕事ですが、手間暇がかかるだけになかなか後継者が育たない世界でもあります。

芸文センターの工事現場に見学に行くと資材のレンガに名前を書かせてもらえたので、自分の名前を残して来た人も多いでしょう。
外からは見えない側ではありますが、あの壁のどこかに自分の名前の入ったレンガがあると思うと、ちょっぴり誇らしくなります。
「同じ苗字のレンガは、多分ご夫婦なんだろうなと思って、並べて積みました」
心優しい職人さんです。


芸術文化センター先行予約会員募集中
入会金・年会費一切無料
特 典
仝演情報のご案内▲船吋奪叛莵塒縮
◆詳細は、上記HPまたはお電話で。
芸術文化センター推進室 
先行予約会員入会係

芸術文化センター付属交響楽団(締切終了)
「ひょうごオーケストラ(仮称)」愛称募集
皆様に愛され、親しまれ、また、世界に発信するオーケストラとなるような、素敵な名前をつけてください。
官製はがき、またはファックス、Eメールのいずれかの方法で応募してください。
応募締切:2005年3月18日(金)当日消印有効
賞:最優秀賞    1点    賞金10万円
※同一作品で、複数の応募者がある場合は、抽選で入賞者一人を決定。
※中学生以下の方については、賞金相当の賞品を差し上げます。
◆詳細は、上記HPまたはお電話で。
 芸術文化センター推進室
| 正木京子 | 芸術文化センター10周年 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/955
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ