百歩の道も一歩から
な〜る#129(2005.3.28)掲載【トピックス】ホールの水先案内人〜ホールもスタッフも新しい!


 
兵庫県立芸術文化センター推進室
事業部  郷間希代子さん

10月の開館まであと半年。いよいよ開館記念事業のチケット発売もスタートします。先行予約会員は、すでに7,500名(平成17年3月23日現在)を超え、4月中旬には1万人を超す見込みとか。チケットオフィス担当の郷間さんに、先行予約のシステムやスタッフの意気込みを聞きました。
(取材担当・正木)

芸術文化センター(芸文センター)の開館準備に追われる推進室のスタッフは、最長でも3年在籍のフレッシュメンバー。
各地のホールや劇団などで、企画や営業の経験を積んだ人たちがそろい、「少しでも多くの人にセンターに足を運んでいただくためのきっかけづくり」のために、絶えず議論を重ねているそうです。

先行予約会員とは?
公演の情報をいち早く入手でき、一般発売に先駆けて、「聴きたい・見たい公演のチケットを手に入れるための予約」ができるシステム。
これまで、開館に向けたソフト先行事業を10年に渡って繰り広げて来たなかで、徐々に先行予約会員を増やし、開館記念事業が発表されてからは、会員の数は一気に増加。担当のオペレーターも増員し、万全の構えが整いつつあります。

情報のアンテナ役
チケットオフィスは、最も間近にお客さんに接するところ。
「お客様の声をセンターに反映する受信と、お客様に情報をいち早く伝える発信のどちらもができる『アンテナ』になりたいです」と郷間さん。
 
開館前の未知の部分に対して、不安よりも楽しみの方が大きいと端切れのよい話し方で、夢を語ってくれました。
「気軽に来ていただける広場的な空間になれるように、10年20年の長いスパンで、どっしり構えて根を下ろしていきたい」と言うのは、推進室全体の願いでもあるでしょう。
3月15日の現場 〈写真提供・(株)日建設計 甲勝之さん〉 

工事現場では、外囲いも外れ、ほとんど出来上がりの状態が見えるようになった芸文センター、みんなで支えていきたいですね。
 
| 正木京子 | 芸術文化センター10周年 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://omasa.jugem.cc/trackback/957
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ